日本国憲法により裁判は公開して行うこととされています。これは民事裁判であっても刑事裁判であっても同様です。国民の知らない所で不適切な裁判が行われる事を防止する目的で公開されています。テレビや新聞などの報道から大きな事件では、事件と直接関係のない人でも裁判の様子を見ているという事が分かります。さらにニュースなどで報道されない小さな事件であっても、誰でも裁判の様子を見ることが可能です。
最近では裁判員制度が導入されたことから、刑事裁判に興味を持つ人が増えて来ました。そのため実際に裁判を傍聴してみようと考えている人も多いです。その方法としては特に難しい手続きなどをする必要はなく簡単です。まず裁判所へ足を運びます。中に入るには所持品などに金属探知器を当てられますが、特に金属類を持っていなければ問題ありません。裁判所内には後半のスケジュールが表示されているので、見たい裁判が始める少し前の時間に席に着きます。そして時間になると裁判が開始されます。
被告人が勾留されている場合は手錠をかけられた状態で入廷してくるので、初めて見る人にとっては心理的な衝撃があります。また有名な事件の場合は、抽選に当たらないと見る事はできません。